講 師:(株)宗重商店 代表取締役社長 宗守 重泰 氏(石川同友会)

司 会:北陸トラック運送(株) 代表取締役社長 水島 正芳 副代表理事

日 時:平成 30年 8月 21日(火) 13:00~18:00

場 所:エースイン福井 4階会議室

 


 

<主旨・目的>

福井同友会役員として経営指針をベースとした三位一体経営を学ぶ

 

<内容予定>

経営報告1
テーブルディスカッション1
経営報告2
テーブルディスカッション2

 

 

<活動内容の報告>

石川県より宗守社長をお招きし、経営指針をベースとした三位一体経営の経営報告をしてもらった。
石川より事務局長と竹澤氏も同席していただいた。

 

<参加者の反応>

大変勉強になりました。来年の企業訪問研修の方も、宜しくお願い致します。
似た業種の中でしくみや社員との関わりがとても勉強になりました。
自社のこととはいえ2時間丁寧に話せることがはたして自分にできるだろうか?不離一体シートの内容も含め、あらためてやらなくてはいけないことがたくさんもらえました。
社員の巻き込み方、どう成長させるか、どう自主性をもたせるか、ヒントがたくさんあった。自分の足らなさも感じさせてもらいました。
今までの役員研修講師の中で一番為になりました。
知らない→知っている→やってみる→出来る→上手く出来る→人に教えることが出来る。これが成長の定義だと、社員さんには伝えているのに、自分がしていないことに気づけました。

 

<反省点>

せっかくの良い報告だったので、もっと多くの人に参加してもらえばよかった。

 

<参加者人数・規模>

理事13名、副委員長1名、事務局2名、石川県3名

 

【事業報告】

代表理事 古市 恭也

 


福井県の中小企業経営者が集い、学ぶ。

経営指針・社員共育・共同求人
福井県中小企業家同友会
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1丁目34-19 サンリードビル 1F
TEL.0776-54-9699
http://fukui.doyu.jp/

 

パネラー:(株)マリージョゼ 代表取締役社長 坂本 まゆみ 氏

パネラー:(株)ホリタ 代表取締役 堀田 敏史 氏

パネラー:天膳 店主 天谷 健二 氏

コーディネーター:(株)マスターピース 代表取締役 村田 隆行 会員

日 時:平成 30年 8月 20日(月) 19:00~21:00

場 所:福井県中小企業産業大学校 大教室

 


 

<主旨・目的>

県例会での学び。パネラー、ゲストの増員

 

<内容予定>

パネルディスカッション

 

 

<活動内容の報告>

ビジョンをテーマに、パネリスト3名、コーディネーター1名でのパネルディスカッション60分、グループ討論60分を行いました。

 

<参加者の反応>

「活気のあるパネルディスカッションだった」という声が多かったようです。またパネラーの方から「(テーマの)ビジョンを語ることで自分自身が自社について考えることができた。貴重な経験になりました」との感想もいただきました。

 

<反省点>

規模の割に当日の設営時間を短くしすぎたようで余裕がなかったです。演台にパネリストとコーディネーターの紹介する紙を用意していなかったなど、当日気付いた準備不足もありました。次回の改善につなげていければと思います。

 

<参加者人数・規模>

全体 60人 ゲスト 17人 懇親会 33名(例会の参加費をいただいたのは会員とゲスト56名。他、パネラー&コーディネーター4名、事務局2名)

 

【事業報告】

会員増強委員 笠井 伸春

 


福井県の中小企業経営者が集い、学ぶ。

経営指針・社員共育・共同求人
福井県中小企業家同友会
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1丁目34-19 サンリードビル 1F
TEL.0776-54-9699
http://fukui.doyu.jp/

 

日 時:平成 30年 7月 23日(月) 18:00~19:30

場 所:BONTA W

 


 

<主旨・目的>

新会員に同友会を理解してもらい、また会員と親睦を深めてもらい、積極的に会に参加し、経営を学べるようにする。

 

<内容予定>

同友会の説明
新会員の自己紹介・経営の悩み相談
バッジ授与
懇親会

 

 

<活動内容の報告>

同友会の説明を行った後、新会員の自己紹介並びに経営上の悩みを話してもらった。

 

<参加者の反応>

同友会についてすぐには理解できなかったとは思うが、概要は理解しもらえたと思う。
新会員の中には、熱い思いを持った人も多く、今後の活動が期待できる。

 

<反省点>

時間を間違えてた会員が数人いて、定刻に全員の集合ができなかった。

 

<参加者人数・規模>

新会員6名、理事10名、事務局1名

 

【事業報告】

代表理事 古市 恭也

 


福井県の中小企業経営者が集い、学ぶ。

経営指針・社員共育・共同求人
福井県中小企業家同友会
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1丁目34-19 サンリードビル 1F
TEL.0776-54-9699
http://fukui.doyu.jp/

 

発表者:(株)エクセルシオール 取締役会長 澤田 友宏 会員

発表者:売上げをUPするコンサルタント 代表 小林 靖昇 会員

司 会:(株)アイビックス 越前支店 廣田 福二 支部委員

日 時:平成 30年 6月 13日(水) 19:00~21:00

場 所:貘の棲む森

 


 

<主旨・目的>

①人脈づくり
②自分とは全く異なる思考や性格の人達との意見交換
③経営のアイディアを得る
④事業連携の発掘・可能性を探る
⑤コミュニケーションの訓練

 

<内容・予定>

丹南支部の2名の会員による事業紹介。
①澤田 友宏 会員  (株)エクセルシオール 取締役会長
・事業概要:訪問看護、リハビリ事業、訪問介護
・報告タイトル:最後まで自宅で生き豊かに過ごせる社会の創造
②小林 靖昇 会員  売上げをUPするコンサルタント 代表
・事業概要:マーケティングコンサル
・報告タイトル:社長の仕事の8割はマーケティング(継続課金ビジネス構築法)

 

<活動内容の報告>

<売上げをUPするコンサルタント 小林靖昇 代表>
経歴紹介、事業紹介、その他

<(株)エクセルシオール 澤田友宏 取締役会長>
経歴紹介、事業紹介、その他

 

<参加者の反応>

<売上げをUPするコンサルタント 小林靖昇 代表>
「継続課金ビジネス」の様々な手法についての説明があり、参加者の商品やサービスにおいても十分応用可能。後日無料コンサル付きアンケートも好評。

<(株)エクセルシオール 澤田友宏 取締役会長>
組織再編により元請け企業から突然の取引停止。製造業から全くの異業種である訪問看護への事業転換の成功例。「誰しも自宅で最期を」と言う澤田会長の信念が伝わった。

 

<参加者の反応>

ゲストの自己紹介や事業紹介に1人5分程度と考えた場合、ゲスト参加有り無しや人数によっては時間配分の調整が必要。
翌14日(木)に楽友会の開催を予定しており、連日の会合となるため懇親会への参加や翌日の楽友会への参加を見合わせる会員がいた。楽友会は毎月第二木曜定例のため、例会は第一週もしくは第三週が理想。

 

<参加人数・規模>

20名(丹南支部13名、丹南支部以外3名、ゲスト2名、事務局2名)
※同会場で引き続き開催された懇親会参加者は10名

 

【事業報告】

丹南支部副支部長 石田 志信

 


福井県の中小企業経営者が集い、学ぶ。

経営指針・社員共育・共同求人
福井県中小企業家同友会
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1丁目34-19 サンリードビル 1F
TEL.0776-54-9699
http://fukui.doyu.jp/

 

講 師:田中会計・労務総合事務所 代表 田中 英孝 会員

司 会:(株)北陸電算サービス 代表取締役 石田 志信 副支部長

日 時:平成 30年 5月 22日(火) 19:00~21:00

場 所:貘の棲む森

 


 

<主旨・目的>

人材不足難に直面する現状、中小企業の最大源の経営資源である”人財”を、どう活かしていくか?、が、今後の企業の存続のキーポイントとなります。そこで、国の施作である『働き方改革』を理解し、雇用の在り方と助成金の活用術を学ぶ。

 

<内容・予定>

社労士である田中氏より、主権者教育の総論から、少子高齢化からも働き方改革の必要性、企業としての雇用の在り方や、それに伴う労働環境インフラ向上を主とした助成金等の活用方法を論じてもらう。

 

<活動内容の報告>

下記①~③の通り、総論として①【主権者教育の重要性】から、一億総活躍社会の実現に向けた取り組みである②【働き方改革】の理解、又、労働環境インフラの改善を中心とした③【助成金等の活用方法】の説明を受けた。
①【主権者教育】- 労働法、健康保険・年金に関する社会インフラの教育の重要性から、より良い社会経済の形成を…!
②【働き方改革】- 長時間労働、非正規と正社員との格差、労働人口不足問題から、その解決により一億活躍社会の実現を…!
③【助成金活用術】- 両立支援、業務改善、キャリアアップ助成金等労働環境インフラ改善により、社員が働き易い労働環境向上を…!

 

<参加者の反応>

今後の更なる労働人口不足による採用難に伴い、自社における労働環境インフラの必要性に関しては総じて賛同を得たと思われるが、一部主権者教育の必要性については疑問視する意見も出た。 今後は、”人を大切にする経営”という同友会の基本理念でもある様に、経営者として社員の働き方を見直し再構築していく事で、社員満足度(ES)向上から、顧客満足度(CS)を追求していかないといけない事を認識して頂けたのではと思われる。

 

<反省点>

今回のこのテーマはタイムリーなもので、今後も求人の方法や企業ブランディングの向上についての勉強や、4月から国の施作で開設された『働き方改革推進支援センター』の無料セミナーを活用しながら、更に学びを深めていきたいと考える。
尚、参加人数として、もっと会員の参加者を増やし、より良い会社作りを共有し合えたらと思う。

 

【事業報告】

丹南支部長 田中 英孝

 


福井県の中小企業経営者が集い、学ぶ。

経営指針・社員共育・共同求人
福井県中小企業家同友会
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居1丁目34-19 サンリードビル 1F
TEL.0776-54-9699
http://fukui.doyu.jp/